薬剤耐性緑膿菌感染症

山口県感染症情報センター / 2011.3作成
2012.6更新

薬剤耐性緑膿菌感染症とは

 β-ラクタム剤、アミノ配糖体、フルオロキノロンの3系統の薬剤に対して耐性を示す緑膿菌による感染症です。 緑膿菌は水回りなどの生活環境中に広く常在する弱毒細菌で、健常者には通常病原性を示しません。 感染防御機能の低下した患者には容易に菌が定着し日和見感染(健康人であれば通常感染を起こさないような 平素無害、または弱毒の微生物によって易感染性宿主に感染すること)します。 また、抗生物質服用者からも検出されます。

山口県の発生動向について

 2001年から2011年の各年における定点当たりの累積報告数の比較です。山口県は近年減少傾向がみられます。

症状

 敗血症や骨髄、気道、尿路、皮膚、軟部組織、耳、眼などに多彩な感染症を起こします。

治療

 感染症の症状を呈しない場合は、 除菌のための抗生物質投与は基本的に行いません。 症状があり、血液や腹水などの無菌部位から菌が分離された場合、易感染性患者においては 感受性がある抗生物質の投与が行われます。

予防

 緑膿菌は流し台、入浴施設の水回りなど生活環境中に広く常在しますので、 特に水回りを中心に清潔や消毒を心掛け施設内の環境を汚染しないようにしましょう。 また、 汚染された器具や物品、医療従事者の手を介した感染も多いので、 使い捨て手袋の使用と手洗い、消毒の徹底など施設内感染対策も重要です。
【ハイリスク患者】
 抗生物質長期服用者や術後や血液疾患やガンなどの基礎疾患を有する場合など免疫機能が低下した患者は注意が必要です。
【消毒】
 エタノールなどで消毒が可能です。 ベンザルコニウム塩化物(逆性石けん)は効かないことがあります。 また、クロルヘキシジンは無効のみならずその中で増殖するので、使用しないようにしましょう。

参考文献

1)国立感染症研究所細菌血液製剤部 荒川 宜親: 感染症発生動向調査週報 感染症の話「薬剤耐性緑膿菌感染症」: 2000年第36週(9月4〜10日)、第37週(9月11〜18日).
2)山崎修道監修,小早川隆敏編集:新版 感染症マニュアル:2004.
3)吉田製薬文献調査チーム:消毒薬テキスト第3版:2008.