マイコプラズマ肺炎

山口県感染症情報センター / 2011.3作成
2012.6更新

マイコプラズマ肺炎とは

 肺炎マイコプラズマ  Mycoplasma pneumoniaeの感染によって発症する肺炎です。
 潜伏期は通常2〜3週間です。
 罹患年齢は幼児期、学童期、青年期が中心です。

山口県の発生動向について

 下記のグラフは全国の定点当たりの報告数を示したものです(国立感染症研究所のHPより)。 2011年後半から多い状況が続いています(2012年第19週現在)。
 山口県は2004年後半から2005年にかけて流行がみらました。また、全国と同様に2011年後半から多い状況がみられます(2012年第21週現在)。     

症状

 初発症状は発熱、全身倦怠、頭痛などです。咳は多くの場合は初発症状出現後3〜5日から始まり、 経過に従い徐々に強くなって、さらに解熱後も3〜4週間と長く続きます。

治療

 細胞壁を持たないため、ペニシリン系やセフェム系などの細胞壁合成阻害する抗生物質には感受性がありません。 マクロライド系やテトラサイクリン系、ニューキノロン系が使用されます。

予防

 感染源は鼻咽頭分泌物で、ヒトからヒトへ飛沫感染しますが、 学校などでの短時間の暴露による感染拡大の可能性は低く、 友人間、家族間など濃厚接触により感染します。
 また、病原体の排出は初発症状(発熱、全身倦怠、頭痛)発現前2〜8日から始まり、症状発現時にピークとなり、 高いレベルが約1週間続いた後、 4〜6週間以上続きます。

参考文献

1)国立感染症研究所感染症情報センター 谷口清州: 感染症発生動向調査週報 感染症の話「マイコプラズマ肺炎」: 2003年第9週号(2003年2月24日〜3月2日).
2)財団法人 日本公衆衛生協会:感染症予防必携 第2版:2005.
3)国立感染症研究所 学友会:感染症の事典:2004.