山口県の病原体検出情報(月別・ウイルス)

【平成28年12月28日現在の情報です。】

平成28年(2016年)


山口県環境保健センターでは、県内で発生した感染症の病原体を解析するために検査を行っています。
検体採取月別の病原体情報(ウイルス)です。


月別病原体情報(2016年)
検出病原体1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月累計
インフルエンザウイルスA/H1N1pdm091716 2 1 1 37
インフルエンザウイルスA/H311 1341121
インフルエンザウイルスA(亜型未同定) 0
インフルエンザウイルスB1284 1 25
インフルエンザウイルスC 21 3
パラインフルエンザウイルス1型 1 1 12 5
パラインフルエンザウイルス2型 0
パラインフルエンザウイルス3型 51112 10
パラインフルエンザウイルス4型 1 1
RSウイルス 1 2 1 21 7
ヒトメタニューモウイルス 1 12 4
ヒトコロナウイルスOC43 11
ヒトコロナウイルスNL63 1 1
ヒトコロナウイルス229E 1 1
ムンプスウイルス 1 311 12110
麻疹ウイルス 0
麻疹ウイルス(ワクチン株) 1 1
風疹ウイルス 0
風疹ウイルス(ワクチン株) 1 1
ライノウイルス321473 3166339
コクサッキーウイルスA2 2114
検出病原体1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月累計
コクサッキーウイルスA4 1 11 3
コクサッキーウイルスA5 11351 11
コクサッキーウイルスA6 2 2
コクサッキーウイルスA8 0
コクサッキーウイルスA9 0
コクサッキーウイルスA10 1 1
コクサッキーウイルスA12 0
コクサッキーウイルスA16 0
コクサッキーウイルスB1 0
コクサッキーウイルスB2 0
コクサッキーウイルスB3 0
コクサッキーウイルスB4 1 1 2
コクサッキーウイルスB5 113 1 6
エコーウイルス3 0
エコーウイルス6 1 12
エコーウイルス7 0
エコーウイルス9 122 16
エコーウイルス11 0
エコーウイルス16 0
エコーウイルス18 0
検出病原体1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月累計
エコーウイルス25 1 1
エコーウイルス30 0
エンテロウイルス68 0
エンテロウイルス71 0
エンテロウイルス(未同定) 1 1 22118
ポリオウイルス1型(ワクチン株) 0
ポリオウイルス2型(ワクチン株) 0
ポリオウイルス3型(ワクチン株) 0
パレコウイルス1型 5241 12
パレコウイルス3型 74512 19
パレコウイルス6型 0
パレコウイルス(未同定) 0
A型肝炎ウイルス 1 1
ノロウイルスGI 22
ノロウイルスGII11 32 127825
サポウイルスGI 1 1 2
サポウイルスGII 0
サポウイルスGIV 0
サポウイルスGV 0
A群ロタウイルス 212 5
検出病原体1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月累計
C群ロタウイルス 0
アストロウイルス1型1 1 2
アストロウイルス3型 0
アストロウイルス4型 0
アストロウイルス(未同定) 1 1
アイチウイルス 0
日本脳炎ウイルス 0
デングウイルス1型 0
デングウイルス2型 1 1
デングウイルス3型 0
デングウイルス4型 0
サフォールドウイルス 0
重症熱性血小板減少症候群ウイルス 11 1 3
アデノウイルス1型1 2 32114317
アデノウイルス2型 1126123313 23
アデノウイルス3型 11 132 8
アデノウイルス4型 11 2
アデノウイルス5型 1 1 2
アデノウイルス6型 0
アデノウイルス11型 0
アデノウイルス31型 0
アデノウイルス40型 0
アデノウイルス41型 0
アデノウイルス56型 0
アデノウイルス(型未同定) 11 2
パルボウイルスB19 1 1 2 4
ヒトボカウイルス 13 4
単純ヘルペスウイルス 12 11 1 6
水痘・帯状疱疹ウイルス 11 1 14
エプスタイン-バーウイルス1 22421122118
サイトメガロウイルス1 212222112117
ヘルペスウイルス6型 111625114 22
ヘルペスウイルス7型 113142 3 15
マイコプラズマ ニューモニエ111 11 11119
合計393815315533363334484037439

前年 →次年未掲載



診断名別病原体情報

診断名別病原体情報(ウイルス)についてはこちら
病原体情報(細菌)についてはこちら

病原体検出方法

PCR法による病原体遺伝子検出または細胞培養によるウイルスの分離・同定結果の情報です。

(参考)
遺伝子検出法:ウイルスのRNAやDNAを抽出後、RT-PCR法で遺伝子の増幅を行い、目的とする遺伝子が増幅されていることをPCR産物の泳動により確認する。 その後、ダイレクトシークエンスを行い塩基配列を決定する。
細胞培養法:RD細胞、HEp-2細胞、Vero細胞、VeroE6細胞およびMDCK細胞に検体を接種し培養することによりウイルスを分離する。分離されたウイルスについて中和試験や、遺伝子検査を行う。

関連ページへのリンク


週報トップページ地域(保健所)別のページ(報告数)年齢別のページ推移グラフのページ


全国的な感染症の情報は、 国立感染症研究所感染症情報センター感染症発生動向調査週報 を御覧下さい。