山口県感染症予防計画  (* PDF版はこちら)

◆前文

◆第1 感染症の予防の推進の基本的な方向と役割

  1. 事前対応型行政の構築
  2. 県民個人個人に対する感染症の予防及び治療に重点を置いた対策
  3. 健康危機管理の観点に立った迅速かつ的確な対応
  4. 予防接種
  5. 人権の尊重
  6. 県の果たすべき役割
  7. 県民の果たすべき役割
  8. 医師等の果たすべき役割
  9. 獣医師等の果たすべき役割

◆第2 感染症の発生予防のための施策に関する事項

  1. 基本的な考え方
  2. 感染症発生動向調査体制の整備
  3. 情報の公表
  4. 結核に係る定期の健康診断
  5. 食品保健対策及び環境衛生対策との連携
  6. 予防接種の推進
  7. 施設内感染対策
  8. 災害発生時の防疫措置
  9. 関係機関及び関係団体との役割分担及び連携

◆第3 感染症のまん延防止のための施策に関する事項

  1. 基本的な考え方
  2. 防疫措置の実施
  3. 積極的疫学調査のための構築
  4. 食品保健対策及び環境衛生対策との連携
  5. 新感染症の発生時の対応

◆第4 感染症に係る医療を提供する体制の確保に関する事項

  1. 基本的な考え方
  2. 第一種感染症指定医療機関の指定
  3. 第二種感染症指定医療機関の指定
  4. 感染症の患者の移送
  5. その他の感染症に係る医療提供体制
  6. 医薬品の備蓄又は確保

◆第5 緊急時における感染症の発生予防及びまん延の防止並びに医療の提供のための施策(国との連携及び地方公共団体相互間の連絡体制の確保を含む)に関する事項

  1. 緊急時における感染症の発生予防及びまん延の防止並びに医療の提供のための施策
  2. 県内における連絡体制等の整備
  3. 他の都道府県との連絡体制
  4. 国との連携体制
  5. 緊急時における情報提供

◆第6 感染症及び病原体等に関する調査及び研究に関する事項

  1. 基本的な考え方
  2. 関係機関の役割分担と連携

◆第7 感染症の病原体等の検査の実施体制及び検査能力の向上に関する事項

  1. 基本的な考え方
  2. 感染症の病原体等の検査の推進
  3. 総合的な病原体等の検査情報の収集、分析及び公表のための体制の構築
  4. 関係機関及び関係団体との連携

◆第8 感染症の予防に関する人材の養成に関する事項

  1. 基本的な考え方
  2. 人材の養成

◆第9 感染症に関する啓発及び知識の普及並びに患者等の人権の配慮に関する事項

  1. 基本的な考え方
  2. 啓発及び知識の普及並びに人権の尊重


△ このページのトップへ