山口県の感染症週報

週報概要はこちら   

平成29年第19週

平成29年(2017年)5月8日〜5月14 日

 
全数把握疾患
【2類感染症】
結核:5例(岩国、周南、宇部3例)

【4類感染症】
E型肝炎:1例(岩国)
重症熱性血小板減少症候群:3例(柳井、宇部、長門)

【5類感染症】
後天性免疫不全症候群:1例(下関)
侵襲性肺炎球菌感染症:1例(下関)

定点把握疾患
インフルエンザ:県全体の定点あたり報告数は流行期の目安である1.0を下回りました。県内各地で発生が散発していますので、引き続き注意が必要です。迅速検査診断結果でA型陽性が6例、B型陽性が41例、臨床診断・型不明が11例ありました。

流行性耳下腺炎:防府、萩で警報レベルが続いています。山口で増加し、注意報レベルとなりました。
[警報レベル:防府(30週目)、萩(12週目)、注意報レベル:山口(1週目)]
流行性角結膜炎:宇部で警報レベルが続いています。
[警報レベル:宇部(2週目)]

警報レベル・注意報レベルの基準値について  詳細はこちら

感染症発生動向調査における病原体検出情報
重症熱性血小板減少症候群(SFTS):SFTSウイルス(検体採取週 第18、19週)が検出されました。

病原体検出情報(月報)について 
詳細はこちら


定点把握疾患(報告数)
疾患名16週17週18週19週
インフルエンザ1751328258
RSウイルス感染症30191210
咽頭結膜熱30361722
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎75856090
感染性胃腸炎213241243272
水痘10101518
手足口病10113125
伝染性紅斑4331
突発性発しん43342124
百日咳2000
ヘルパンギーナ3686
流行性耳下腺炎68604776
急性出血性結膜炎0000
流行性角結膜炎95109
クラミジア肺炎(オウム病を除く)0000
細菌性髄膜炎0010
マイコプラズマ肺炎2104
無菌性髄膜炎0000
感染性胃腸炎(ロタウイルス)38715

月単位報告定点把握疾患(報告数)
疾患名4月
性器クラミジア感染症25
性器ヘルペスウイルス感染症10
尖圭コンジローマ5
淋菌感染症2
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症36
ペニシリン耐性肺炎球菌感染症5
薬剤耐性緑膿菌感染症0

地域(保健所)別のページ(定点あたり報告数)地域(保健所)別のページ(報告数)
年齢別のページ法以外の届出のページ推移グラフのページ 全数把握疾患のページ



前週(第18週)← →次週未掲載

病原体情報

平成29年1月から12月の病原体情報一覧(ウイルス)についてはこちら
診断名別病原体情報(ウイルス)についてはこちら
病原体情報(細菌)についてはこちら


全国的な感染症の情報は、 国立感染症研究所感染症情報センター感染症発生動向調査週報 を御覧下さい。