山口県環境保健センター
 HOME >保健科学部 >ウイルスグループの業務
 HOME
 組織案内
  ・業務概要
  ・住所・地図
 調査研究成果・評価
  ・所報・業績報告
  ・外部評価結果
 
 各部・室のページ
  企画情報室のページ
  保健科学部のページ
   ・ウイルスグループ
   ・細菌グループ
   ・生物・疫学情報グループ
   ・食品・医薬品分析グループ
  環境科学部のページ
   ・大気監視グループ
   ・大気分析グループ
   ・水質監視グループ
   ・水質分析グループ
  感染症情報センター
  サイトマップ
  リンク集
■  ウイルスグループの業務

  • エイズ、B型肝炎、C型肝炎等のウイルス性感染症について検査を行っています。

  • 学校や保育園等における呼吸器系感染症の集団発生時、患者から MDCK細胞培養法によりインフルエンザウイルスの分離・同定試験を行っています。 また、インフルエンザ発生動向調査として県内の協力医療機関で採取された検体についてもウイルスの分離・同定試験を行っています。 これらの結果はその年の流行型として毎年報道発表されています。

  • ウイルス性感染症の流行予測及びワクチン接種の基礎資料とするため、本県におけるインフルエンザや風疹に対する抗体保有状況を調査したり、ポリオウイルスの分離試験等を行っています。

  • ウイルス性食中毒や感染性胃腸炎の原因究明及び衛生対策に資するため、患者の便や原因と疑われる食品について遺伝子診断や電子顕微鏡法等による検査を行っています。 これらの原因ウイルスにはノロウイルス(これまでノーウォーク様ウイルスと呼ばれていたもの)をはじめいろいろなウイルスがあるとされていますが、培養出来ないものもあり、検出方法等について調査・研究を行っています。